MENU

グリチルリチン酸2Kについて

グリチルリチン酸2Kとは、育毛剤の成分であり、マメ科の甘草から抽出された成分になります。甘草の甘みの主成分がグリチルリチンであり、すぐれた抗炎症作用と抗アレルギー作用があると言われています。

 

そのため、医薬品や化粧品などによく多用されています。グリチルリチン酸2Kの育毛効果は非常に高く、炎症を抑えて頭皮環境を改善する働きがあります。頭皮の炎症は、皮脂の過剰分泌や、シャンプーなどが原因になりますが、炎症が起こると、脱毛が現れやすくなります。

 

グリチルリチン酸2Kには、すぐれた抗炎症作用と抗アレルギー作用があるので、炎症を防ぎ、美しい髪を育てるための頭皮環境を整える働きがあります。

 

外用薬の場合、即効性の効果が期待できる反面、副作用の心配がありますが、グリチルリチン酸2Kの場合、作用が穏やかなので、比較的、副作用は少ないです。

 

頭皮の炎症を抑えて毛髪が成長する環境を整えてくれるので、脱毛を防止すると共に、育毛効果が期待できます。グリチルリチン酸2Kには、雑菌の繁殖を防ぐ作用があるので、フケやかゆみを抑えることができます。

デュタステライドとは

デュタステライドとは、育毛剤によく使用されている成分です。

 

薄毛に効果が期待できる成分で、近年注目されているものです。デュタステリドは、育毛に高い効果があるとされている成分なのですが、フィナステリドと同じく、元は良性前立腺肥大の治療薬として開発されたものなのです。

 

副作用として育毛効果があることが発見されたもので、比較的新しい成分になります。デュタステライドが注目されているのは、フィナステリドよりも効果が高いといわれているからです。

 

フィナステリドでは効かない1型5αリダクターゼを阻害する効果があります。AGAの原因は、5αリダクターゼという還元酵素が関係していて、テストステロンという男性ホルモンと結びつくことで、ジヒドロテストステロンという成分に変化します。

 

ジヒドロテストステロンこそが薄毛を引き起こす要因と言われているので、これを発生させないためには、5αリダクターゼを抑制する必要があります。5αリダクターゼには、1型と2型があるのですが、フィナステリドは、2型5αリダクターゼしか抑制できません。

 

デュタステリドは、1型と2型の両方の5αリダクターゼを抑制できるので、その効果が期待されています。

ノコギリヤシの働き

ノコギリヤシの働きは、5αリダクターゼという酵素を抑制するというものです。

 

この酵素は男性ホルモンとむすびつくと、ジヒドロテストステロンという成分を生み出し、結果、前立腺を肥大化させたり、髪の元になる毛母細胞を弱めてしまうことになります。

 

ノコギリヤシは、ジヒドロテストステロンが過剰に分泌しないよう、5αリダクターゼを抑える効果があります。ノコギリヤシを摂取すると、男性ホルモンが正常化するので、薄毛や脱毛に効果が期待できます。

 

簡単に言うと育毛効果があります。男性の場合、前立腺肥大症を改善する効果があり、精力回復に寄与します。ノコギリヤシは、男性の老化現象に効果的で、様々な悩みを解決してくれます。

 

老化とともに自信が持てなくなってしまった男性におすすめで、ノコギリヤシには、利尿作用があります。今では、排尿障害の原因である前立腺肥大症の医療薬としてヨーロッパでは定着していますが、健康食品としても扱われています。

 

ノコギリヤシは、男性が加齢とともに悩まされる抜け毛や脱毛に効果かあり、前立腺肥大の予防や改善にも効果的です。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、髪が伸びるのが早くなるというものです。ミノキシジルを使うと髪が伸びるのが早くなる効果があります。ミノキシジルを使うようになると、髪が伸びる速度が速いのを実感できます。

 

ミノキシジルを使わなかった場合と比べると、3割程度、髪の成長が速くなります。ミノキシジルの効果は、毛包に直接作用することで起こります。毛母細胞が活発に分裂するようになるので、毛包全体が成長し、髪が太く育つようになるのです。

 

ミノキシジルを使用すると髪の伸びる速度が速くなるのは、毛母細胞の分裂が活発になるからです。男性ホルモンで弱った毛包を活性化させることにより、発毛を促す効果があります。ただ、ミノキシジルには即効性はなく、発毛を実感できるようになるまで、大体3ヶ月〜6ヶ月くらいはかかります。

 

そのため、効果が中々出ないからといって早いタイミングで使用を中止するのはよくありません。ミノキシジルを1年間使用すれば、約9割の人が効果を実感しているので、少なくとも半年は継続して使用したいところです。

 

初期脱毛で一時的に抜け毛が増えることがありますが、これは好転反応なので、勘違いして、使用をやめてしまわないことです。

グリシンとは

グリシンとはアミノ酸のひとつで静菌作用を持ち、グルタミン酸と同じ調味料や保存料として加工品など使用されている食品添加物です。このグリシンには睡眠改善や抗鬱、美肌効果など様々な効果があると言われています。

 

何故グリシンに睡眠改善作用があるかと言うと、ヒトは眠りに入る前に身体の中心部の体温を下げることでスムーズな眠りに入ることが出来ます。

 

人間は起きて活動している時は体温が高くなるので、体温が下がると眠気が起こるのです。グリシンには血管を広げる作用があり、血流量を増やす効果があります。血液量が増加することで身体の表面温度が上がり、体温調整機能が働くことで深部体温を下げ、入眠を促します。またグリシンにはノンレム睡眠時間を増やす効果があるとも言われています。

 

眠りにはノンレム睡眠とレム睡眠のふたつがあり、前者は深く眠っている状態で、後者は浅い眠りの状態です。つまり深く眠る時間を増やすことで身体の疲れをとることが出来、成長ホルモンが分泌することで身体の細胞の修復や免疫力に良い影響を与えることが出来るのです。

ナイアシンとは

ナイアシンとは、ニコチンアミドとニコチン酸の総称であり、ビタミンB群の仲間になります。

 

水溶性ビタミンであり、体内でもつくられます。ナイアシンは、必須アミノ酸のトリプトファンからもつくられ、熱に強い性質があります。ナイアシンは全身で500種もの酵素の補酵素として働いていて、エネルギー作りや脂質や糖質の分解、そして皮膚や粘膜の炎症を防ぐ効果があります。神経症状を防ぐ効果もあると言われています。

 

ナイアシンが不足すると、欠乏症として、うつ、幻覚症状、イライラ、不安、精神障害、口内炎、皮膚炎、舌炎、胃腸障害、下痢、ペラグラなどの症状が出てきます。

 

ナイアシンには、エネルギー産生の効果があります。酸素を使って効率よくエネルギーをつくる際、ナイアシンは必要な成分であり、エネルギー作りに関与しています。ナイアシンには様々な効果がありますが、代表的なのは、うつや統合失調症によく効くことです。

 

うつに関係するセロトニン合成の流れに、ナイアシンは関わっています。ナイアシンは、お酒を分解する働きがあるので、二日酔いにも効果的です。

更新履歴