MENU

プロペシアは女性が飲んでも大丈夫? 

プロペシアとは医学界でも正式に効果があると認定された育毛剤の一つです。

 

しかし現在、女性の日本皮膚科学会が制定した男性型脱毛症におけるガイドラインによると女性がプロペシアを服用することは禁止されています。その理由として、妊娠したとき、胎児の生殖器に異常を起こしてしまうリスクがあるからです。

 

これはプロペシアを開発したアメリカのFDAから公式に発表されています。

 

プロペシアは脱毛の原因となるジヒドステロンを変換させる還元酵素の働きを弱めることでジヒドステロンを抑制する効果があるのですが、女性が男児を妊娠するとこのジヒドステロンによって男児の生殖器が生成される必要不可欠な物質なのです。

 

そのため女性が服用してしまうとこのジヒドステロンが不足し、生殖器に以上の有る赤ちゃんが生まれてしまう可能性が高くなってしまうのです。これはラットを用いた研究で実証されています。

 

また妊娠していない女性でも服用するだけで婦人科系に何らかの悪影響が出る可能性が考えられます。

 

このような危険性からプロメシアに触れることにも注意が必要です。現在、安全性を確保するために錠剤の表面にコーティングが施されていますが、割れていたり砕けてしまう可能性が考えられるので兎角触れないように気を付けましょう。